養和会について

About Us

沿革

昭和 5年8月

廣江和一が山陰初の精神科病院として『米子脳病院』を設立(70床)初代院長に就任

昭和18年12月

広江病院と改称

昭和26年7月

財団 医療法人養和会設立

廣江和一が初代理事長に就任

昭和31年5月

鳥取県指定精神病院に指定

昭和369

廣江弌が第2代理事長就任

須山隆吉が広江病院第2代院長就任

昭和36年11月

広江病院 増床により160床へ変更

昭和392

吉岡千尋が広江病院第3代院長就任

昭和407

永見実が広江病院第4代院長就任

昭和41年3月

広江病院 28床増床、188床へ変更

昭和41年12月

広江病院 32床増床、220床へ変更

昭和45年9月

広江病院 44床増床、264床へ変更

昭和56年4月

広江病院 管理棟完成

昭和604

船越士朗が広江病院第5代院長就任

昭和62年6月

広江病院 病棟改築、297床へ変更

平成元年3

木下準四郎が仁風荘初代施設長に就任

平成元年4月

老人保健施設仁風荘開設(入所定員100名)病院併設型

平成4年 4月

米子市在宅介護支援センター開設

広江病院併設院内保育所開設

平成5年10月

仁風荘 老人デイケア(20名)承認

老人性痴呆加算57名承認

ホープタウンに米子市在宅介護支援センター相談コーナーを設置

平成6年3月

広江病院 内科60床・精神科234床に変更

特定医療法人認可

平成7年4月

坂元俊文が広江病院第6代院長就任

平成7年4月

広江病院新病棟完成

精神科234床から230床に減床

5階 60床 精神療養病棟(A)

4階 60床 精神療養病棟(A)

3階 60床 急性期精神科病棟

2階 50床 老人性痴呆治療病棟

1階 60床 療養型病床群

平成7年6月

訪問看護ステーション開設

平成8年10月

リハビリテーション科標榜

平成8年12月

援護寮 翼(定員20名)精神障害者地域生活支援センター開設

老人デイケアセンター仁風荘(定員60名)完成

平成910

中村哲朗が仁風荘第2代施設長に就任

平成10年4月

える・もーる訪問看護ステーション開設

仁風荘 痴呆加算48名・デイケア定員50名に変更

平成10年8月

広江病院 精神科デイケアセンターたんぽぽ完成

平成11年3月

授産施設あんず工房開設、小規模作業所あぷりこ開設

平成12年3月

特別医療法人認可

平成12年4月

グループホーム仁風荘開設(痴呆性対応型共同生活介護 9床)

平成12年8月

福祉ホームB型はばたき開設

平成13年3月

仁風荘痴呆専門棟増築

平成13年4月

法人全体でISO9001認証取得

平成1312

広江病院 管理棟改修

平成15年3月

社会福祉法人養和会設立

あんず・あぷりこ・はばたき・グループホーム仁風荘を医療法人から移管

平成16年3月

グループホーム仁風荘二番館開設(痴呆性対応型共同生活介護18床)

平成16年8月

小規模多機能支援ホーム仁風荘ひこな開設

(グループリビング9床、通所介護定員20名、訪問看護ステーション、ホームヘルステーション併設)

平成17年8月

広江病院 1階の変更

1病棟A(介護療養型医療施設36床)

1病棟B(医療型療養施設20床)

平成17年10月

広江病院 介護療養型医療施設36床に変更

平成17年11月

広江病院 療養病床20床を回復期リハビリテーション病棟に変更

平成18年4月

広江病院 回復期リハビリテーション病床 20床から24床に変更

平成18年7月

広江病院 リハビリテーションセンター竣工

4階 地域交流ホール・大会議室・図書室・デイケアルール・料理教室

3階 介護老人保健施設リハビリユニット36床

2階 回復期リハビリテーション病棟28床・短期入所生活介護5床

1階 外来・放射線室・訪問看護ステーション・リハビリルーム・テクノエイドセンター

病棟1階 療養病床28床・短期入所生活介護16床に変更

仁風荘3階改修により全室個室ユニット化(24床)

平成18年8月

リハビリ棟竣工

リハビリテーションセンター開設

療養病棟を32床から28床へ、回復期リハビリテーション病棟を24床から28床へ病床数変更

短期入所生活介護施設を3床から21床に増床

平成18年9月

広江病院より養和病院に改称

平成18年10月

障害者福祉サービス事業所 エポック翼開設

就労移行支援事業 就労継続支援事業B型

生活訓練事業 相談支援事業

地域活動支援センター

養和病院1階に通所リハビリテーションセンターかみごとう(定員20名)開設

デイケアセンター仁風荘定員50名を35名に変更

平成18年10月

辻谷賢三が養和病院病院管理者に就任

平成1812

古瀬清夫が仁風荘第3代施設長に就任

平成20年2月

養和病院 医療療養病床28床を32床へ変更

養和病院 短期入所生活介護21床を19床へ変更

平成20年4月

精神障害者授産施設あんず工房・小規模授産施設あぷりこを多機能型施設あんず工房・あぷりこに変更

平成21年3月

養和病院 回復期リハビリテーション病床34床、医療療養病床26床に変更

平成21年4月

障害福祉サービス事業所F&Y境港開設

就労継続支援事業A型

グループホームつばさサテライト 加茂開設

平成21年11月

F&Y境港 就労継続支援A型10名・就労継続支援B型10名に定員変更

平成22年3月

あんず・あぷりこの定員を20名へ、エポック翼の定員を30名へ変更

小規模多機能ホーム仁風荘かみごとう開設(定員25名)

平成23年5月

シニアマンションこうやまち壱号館開設(74室)

居宅介護支援センター仁風荘こうやまち開設

小規模多機能ホーム仁風荘こうやまち開設(定員25名)

訪問介護こうやまち開設

平成237

松本眞が養和病院第7代院長就任

平成23年12月

グループホームつばさ安倍(定員4名)開設

平成24年3月

援護寮翼、福祉ホームはばたきを廃止

平成24年4月

宿泊型自立訓練施設はばたき(定員20名)開設

ショートステイ翼を単独型施設へ転換(定員6名に変更)

平成24年5月

F&Y境港 就労継続支援A型10名、就労継続支援B型15名、生活訓練6名へ定員変更

平成25年1月

養和病院 3病棟(精神科15:1、60床)を精神科急性期治療病棟(60床)に転換

平成254

廣江智が医療法人養和会第3代理事長就任

平成26年11月

重度認知症デイケア 定員18名から25名に変更

平成26年12月

養和病院 病棟リニューアル改修工事完了

5階 休床

4階 精神療養病棟 60床

3階 実習室・職員更衣室・会議室

2階 認知症病棟 58床

1階 精神急性期治療病棟 60床

平成27年4月

養和病院 新西棟竣工

4階 養和病院併設メディカルフィットネスセンターCHAX

3階 精神科デイケアたんぽぽ(定員デイケア70名・デイナイト30名)

2階 仁風荘西町(ユニット20床・4床室4部屋) 

1階 シルバーデイケア(定員25名)

平成27年4月

認知症治療病棟を50床から58床に変更

短期入所生活介護 16名から10名へ変更

グループホームつばさ安倍(定員4名)を米子市旗ヶ崎に移転

F&Y境港生活訓練 定員数を6名から9名へ定員数変更

平成27年6月

養和病院 精神科急性期治療病棟 定員数を60名から50名へ変更(療養病床60床・精神病床170床・休床60床)

平成27年7月

養和病院 認知症病棟を60床から58床に変更(療養病床60床・精神病床168床・休床62床)

平成28年4月

短期入所生活介護 定員数を10名から9名へ変更

平成28年10月

デイケアセンター仁風荘定員数を60名へ変更

平成28年11月

あんず・あぷりこ就労移行支援休止、就労継続支援B型定員14→20へ変更

平成29年3月

F&Y境港生活訓練 定員数を9名から6名へ定員数変更

平成29年4月

通所リハビリテーションセンターかみごとう定員数を40名へ変更

オレンジサロンかみごとう開設

平成30年3月

特定医療法人より医療法人へ移行

短期入所生活介護廃止(9床)

平成30年4月

小規模多機能ホーム仁風荘ひこな開設(定員29名)

平成308

養和病院

公益社団法人 日本医療機能評価機構

病院機能評価認定病院 3rdGver1.1

主たる機能:精神科病院

副機能:リハビリテーション病院、慢性期病院

平成3010

日本慢性期病院協会から慢性期医療認定病院認定取得

平成31年4月

居宅介護支援センター仁風荘ぎほう休止

デイサービスセンター仁風荘開設(定員20名)

令和24

古瀬清夫が養和病院第8代院長就任

宮川征男が第4代仁風荘施設長に就任

令和2年9月

ヘルパーステーションつばさ廃止

令和2年11月

養和病院 精神科ショートケア開始(小規模)

令和2年12月

回復期リハビリテーション病棟36床から40床へ変更

療養病棟26床から20床へ変更